BLOG

2010.02.17更新

インプラント治療をする歯科医師として驚きのニュースが世間を賑わせました。
’インプラントの使いまわし’という記事です。

これには、最初何を言っているかわかりませんでした。

通常、インプラントは一度骨に埋めるとインプラントを外すことなどめったにありえないからです。

考え難いのですが、手術中に一度埋めて、また取り出したのであれば、サイズの変更をしたと考えられます。
手術後であれば、術後の感染によるものだと考えられますが、そんなに多く外すことは、通常では考えられません。

当クリニックでは、いままで1度だけ術後にインプラントを外したことがあります。


               
現在、このインプラントは、滅菌して患者さんの説明用に使っています。
外す事になったのは、残念です。

今年度より、インプラントの表面にハイドロキシアパタイトをコーティングしたものを使うようになりました。
これにより、今までできなかった症例も可能になりました。
詳しくは、インプラント情報ナビまで。



投稿者: 瀬尾デンタルクリニック

2010.02.17更新


今回は、上顎前歯4本を抜いてその場でインプラントを埋入したケースです。


抜歯した直後



3本のインプラントを埋入した状態


 

吸収性の人工骨

HAインプラントは本当に適応できる範囲が広がりました。
今回のケースは、前歯4本の根の先に膿が溜まり腫れてしまい保存できない状態でした。
今回、インプラントを選択した一番は抜いた歯の両隣の歯が治療したことのないきれいな歯だったので削りたくなかったのです。
治療の選択肢として、ブリッジもありましたが、患者さんとの話し合いの結果、新たに歯を削らない事にしました。
歯は削れば必ず寿命は短くなります。
他の歯の事を考えるとインプラントを選択できて正解だったと思います。
今後はインプラントのいろいろな症例を皆さんに見て頂き、参考にして頂けたらと思います。

投稿者: 瀬尾デンタルクリニック

2010.02.03更新


投稿者: 瀬尾デンタルクリニック

BLOG インプラント専門サイト するがデンタルローン