BLOG

2011.06.30更新

当クリニックで、インビザライン(マウスピース型矯正)を初めて、3か月がたちました。

現在、3人の患者様が治療中です。

最初に始めた患者様がちょうど半分にまで来ましたので途中経過を報告します。

まず、お口の歯型、写真、かみ合わせを採取して、アメリカのAlign Technolo
gy,inc に送ります。

資料が届いたら、Technology,incと治療内容、方針のやり取りをします。

治療方針が決まったら、マウスピースの製作に入ります。

資料をアメリカに送ってから大体1か月でマウスピースが送られてきます。

こんな箱に入って送られてきます。





箱を開けて中を出すと、小分けにされた袋がたくさん入っています。




この1袋に1回分の上下のマウスピースが入っています。




2週間に一度来院していただき、マウスピースを新しくしていきます。

患者様の感想は、

1回目に、初めてマウスピースを入れたときは、痛かったでも、2,3日したら慣れてきた。

その後は、痛くない。取り外しも最初は大変だったけど、すぐ慣れた。

との事です。

みなさん、周りの人に気づかれてないそうです。

投稿者: 瀬尾デンタルクリニック

2011.06.30更新


当クリニックで、インビザライン(マウスピース型矯正)を初めて、3か月がたちました。

現在、3人の患者様が治療中です。

最初に始めた患者様がちょうど半分にまで来ましたので途中経過を報告します。

まず、お口の歯型、写真、かみ合わせを採取して、アメリカのAlign Technolo
gy,inc に送ります。

資料が届いたら、Technology,incと治療内容、方針のやり取りをします。

治療方針が決まったら、マウスピースの製作に入ります。

資料をアメリカに送ってから大体1か月でマウスピースが送られてきます。

こんな箱に入って送られてきます。





箱を開けて中を出すと、小分けにされた袋がたくさん入っています。




この1袋に1回分の上下のマウスピースが入っています。




2週間に一度来院していただき、マウスピースを新しくしていきます。

患者様の感想は、

1回目に、初めてマウスピースを入れたときは、痛かったでも、2,3日したら慣れてきた。

その後は、痛くない。取り外しも最初は大変だったけど、すぐ慣れた。

との事です。

みなさん、周りの人に気づかれてないそうです。

自分から、言ってしまっているそうです。

最初の患者さんが後、4か月で終わるので、その時に症例写真をお見せします。











投稿者: 瀬尾デンタルクリニック

2011.06.29更新

院長の独り言

歯に自信がない人は、         
なかなか歯医者に行く勇気が出ないと思っています。

虫歯だらけの人は恥ずかしさもあり、   なかなか歯医者に行く勇気が出ないと思っています。

治療途中の人は怒られるんじゃないかと思い、  なかなか歯医者に行く勇気が出ないと思って    
                                い
ます。

私としては、そんな事を思っている患者様の力になりたいと日々思っています。

今回は、歯医者に行かなくては、と何年も思いながらなかなか歯医者に行くきっかけがなく数年が過ぎてしまった患者様の初診時のケースについてお話します。


歯医者は5年ほど前に2か月通って治療途中になってしまった患者様です。
前回の歯科医院では、麻酔時や、歯を削る時が痛かった為、通院しなくなったそうです。
今回は、そう感じないようにいうも以上に細心の注意を図りながら、治療します。
どの患者様にも、そう思っていますが。

前歯がほとんど虫歯で無くなっています。



患者様の主訴として、まず前歯の審美性の回復でしたので、患者様には次回の治療時間を3時間ほしいことを伝え次回のアポイントを取ってもらいました。

次回の治療の予定は、TBI,全額のスケーリング、向って右側の歯を1本抜歯、前歯に仮歯(プロビジョナル)を入れる所までを行う予定です。

2回目の治療後です。



とりあえず、これで前歯の審美性の回復ができました。
これから、患者様と治療計画を立てて、行きます。

患者様には喜んでいただけました。

「もっと早く来ればよかった」

との一言をいただけました。

この一言、私にとって最高の褒め言葉です。

また、明日から頑張ろうと、歯医者になってよかったと思える瞬間です。

投稿者: 瀬尾デンタルクリニック

2011.06.29更新


院長の独り言

歯に自信がない人は、            なかなか歯医者に行く勇気が出ないと思っています。

虫歯だらけの人は恥ずかしさもあり、   なかなか歯医者に行く勇気が出ないと思っています。

治療途中の人は怒られるんじゃないかと思い、  なかなか歯医者に行く勇気が出ないと思って    
                                い
ます。

私としては、そんな事を思っている患者様の力になりたいと日々思っています。

今回は、歯医者に行かなくては、と何年も思いながらなかなか歯医者に行くきっかけがなく数年が過ぎてしまった患者様の初診時のケースについてお話します。


歯医者は5年ほど前に2か月通って治療途中になってしまった患者様です。
前回の歯科医院では、麻酔時や、歯を削る時が痛かった為、通院しなくなったそうです。
今回は、そう感じないようにいうも以上に細心の注意を図りながら、治療します。
どの患者様にも、そう思っていますが。

前歯がほとんど虫歯で無くなっています。



患者様の主訴として、まず前歯の審美性の回復でしたので、患者様には次回の治療時間を3時間ほしいことを伝え次回のアポイントを取ってもらいました。

次回の治療の予定は、TBI,全額のスケーリング、向って右側の歯を1本抜歯、前歯に仮歯(プロビジョナル)を入れる所までを行う予定です。

2回目の治療後です。



とりあえず、これで前歯の審美性の回復ができました。
これから、患者様と治療計画を立てて、行きます。

患者様には喜んでいただけました。

「もっと早く来ればよかった」

との一言をいただけました。

この一言、私にとって最高の褒め言葉です。

また、明日から頑張ろうと、歯医者になってよかったと思える瞬間です。

投稿者: 瀬尾デンタルクリニック

2011.06.27更新


今日は、当クリニックにおいてメインで使っているインプラントメーカーから新しく発売される
インプラントについて、紹介いたします。

現在、日本国内の歯科医院で使われているメーカーはほとんどが外国のメーカーです。
日本のメーカーもありますが、外国産(笑)がほとんどです。

欧米人に比べ日本人はインプラント治療において重要な骨の厚みが薄いといわれています。

骨は、厚ければ厚いほどいいです。

薄い場合、骨造成GBRなど)を行って、骨の厚みを確保しなくてはいけません。
実際に骨造成を行ってインプラント治療を行いますが、やはり自分の骨が一番です。

そこで、今まで、直径が3.75mmのタイプが細かったのですが、3.25mmというサイズが
7月1日に発売されます。




この、直径3.25mmが発売されることで骨造成が必要なインプラントのケースも今までより簡単に行えるようになります。

今日撮影したCTが、まさに3.25mmの適応症というのをお見せします。


上顎の前歯です。
差し歯が入っていたのですが、根が割れてしまい抜歯予定です。
インプラント希望なので術前CTを撮りました。
抜歯してその場でインプラントの埋入します(抜歯即時っていうやつです)




直径3.75mmのインプラント体のイメージ画像です。
見ると、骨の厚みいっぱいいっぱいにインプラント体が入ることになります。
この場合、唇側(右側)の骨が埋入後吸収して支える骨の量が少なくなったり、審美的に金属が見える場合があります。

上顎のインプラントの場合、唇側(外側)の骨はとても大事です。





ここで、直径3.25mmのイメージですと、唇側に余裕が出てきます。
これで、術後の骨の吸収を防げます。

インプラント治療も日々進化中です。






投稿者: 瀬尾デンタルクリニック

2011.06.22更新

久しく更新していませんでした。

今回は審美治療の症例をお見せします。

症例の説明を行うに当たり、

常日頃、患者様と接していて思うことは、歯に対する歯医者からの情報が不足ていると感じます。

このブログでは、いろいろな症例を見てもらい、歯のこと、虫歯のこと、歯周病のことを知ってもらえればと思います。


このケースは、上顎前歯です。
術前写真です。





このケースについて説明します。

48歳 男性
主訴:前歯がグラグラする
全身疾患など特記すべきことなし

診断および治療方針
    重度の歯周病のため前歯(向かって右側2本)は抜歯
    口全体の歯周病治療 
    虫歯の治療

まず初診の日に治療のカウンセリングをしました。
前歯2本は抜歯なので、抜いた場所の治療方針を決めます。

前歯ですから、抜きっぱなしにしますと審美的に問題がありますから

治療方針として
インプラント2本
入れ歯
・ブリッジ
上記の中からの選択になります。

インプラントは、埋入する場所に骨があまりなかったので今回はブリッジを選択しました。

2回目の来院時
前歯2本を抜歯して、プロビジョナル(仮歯)を入れます。
これで、帰宅時には、歯がある状態ですから審美的に問題はありません。

3回目から
ここからが大変です。
冷静に考えると歯周病で歯を抜かざるをえなかったということは、ほかの歯にも歯周病が進んでいる可能性が高いということです。

いくら いい歯をも入れても、土台の部分に問題(歯周病になっている)があっては高い買い物になります。

よく、電車の中に、‘3回できれいは歯になります‘とかありますがあれは絶対ダメです。

まず歯磨き指導からです。
その後、全体にわたり歯周病治療を行います。今回は7回かかりました。

歯茎の状態がよくなってから型どりです。

抜歯した2本の歯を支えるために右3本、左2本を支えの歯として削りました。 もったいなっかたけど・・・・・・

           術後                             術前                         
                  


ここまでで

治療回数 10回 2か月半
治療費   100000×7本=700000円


今後、いろいろな症例をお見せします。
気を付けてほしいこと、知ってもらいたいことなど、踏まえていきたいと思います。
















投稿者: 瀬尾デンタルクリニック

2011.06.21更新

最初のインプラントの症例は、歯の根が割れてしまい抜歯せざる得なかったケースです。



過去に神経を取って差し歯になっていた歯の根が割れてしまい、差し歯がとれて来院されたケースです。この場合、抜歯後の治療方法として、
インプラント
・ブリッジ
・入れ歯
の3つの治療方法からの選択になります。
両左右の歯が治療済みで差し歯が入っていればブリッジという選択肢もありますが、今回は、抜歯する両隣の歯が過去に治療したことのない歯でブリッジにするために歯を削るのはもったいないとの理由で
インプラントを選択されました半年後に転勤予定のため抜歯してそのままインプラントを埋入する方法を選択しました。
この方法は治療期間の短縮が可能です。4か月後には歯が入る予定です。

術前CT


CT画像から根の先に膿がたまっているのが確認できます(先の黒くドーム状)
唇側(歯の左側)の骨が薄い。唇側の骨がないのと
抜歯即時インプラントの場合唇側の骨が吸収しやすいので口蓋側側に深く入れるイメージです。

差し歯を外してみると

よく見てみると唇側の歯が割れています。
前歯の場合、折れるとしたら今回のように割れるか、縦に真っ二つに割れる場合がほとんどです。


抜歯直後の状態




インプラント埋入直後


インプラントの手術 所要時間 45分
通常の虫歯治療に使う麻酔で行いました。
翌日、消毒に来ていただきましたが、痛み止めも、帰宅後、1回だけ服用したとのことでした。4か月後が楽しみです。

投稿者: 瀬尾デンタルクリニック

2011.06.16更新


投稿者: 瀬尾デンタルクリニック

BLOG インプラント専門サイト するがデンタルローン