当院のご紹介

ようこそ、瀬尾デンタルクリニックへ

患者様の口を守る最後の砦でありたい

皆さん、初めまして。瀬尾デンタルクリニック院長の瀬尾 徹(せお とおる)です。数ある歯科医院のホームページの中で当院をご覧いただき、ありがとうございます。

当院は、患者様にとって、自分の口を守る最後の砦でありたいと考えています。口の中が荒れている方が受けないといけない治療は一つではありません。むし歯・歯周病の治療、失った歯を人工歯で補う治療、詰め物・被せ物の治療と多岐にわたります。

そうした複数の治療を受ける必要がある患者様に応えられるよう、たくさんの引き出しを持っていたいと考えています。

一生自分の歯で噛めるために、本当に必要な治療をご提案します

その意味で、当院ではフルマウス(全顎)治療に力を入れています。これは一人の歯科医師が患者様の理想的な口のあり方をめざしてさまざまな治療を一つひとつ行っていくものです。

現在は歯科医療の専門化が進み、一人の患者様に複数の歯科医師が介在することがありますが、口の理想像に対する意識のギャップが生まれる可能性があります。

一人の歯科医師が責任を持ってトータルな治療を行うことで、理想を叶えるために効果的な治療を行っていくことができるのです。

当院では、場当たり的な治療は行っていません。患者様が一生自分の歯で噛めるために、そのときに本当に必要な治療が何かを考えた上で良いと思われる方法をご提案しています。

院長紹介

人に役立つ仕事がしたいと歯科医師の道へ

私が歯科医師を志したのは、高校のころに見た「24時間テレビ」がきっかけでした。人に貢献するさまざまな取り組みが放送される様子を見て、自分も将来は人の役に立つ仕事がしたいと思ったのです。
私が通っていた高校は理系の半分の生徒が医学部か歯学部に進むため、人の役に立つ仕事として医療が頭に浮かんだのでした。

患者様からの「痛くない」が最大の喜び

歯科医師になって20年以上が経ちますが、今でもむし歯が上手に削ることができればうれしく、詰め物・被せ物がぴたっと歯に収まったときは言いようのない喜びがこみ上げます。
そうした数々のやりがいの中でも最もうれしいのは、麻酔時に患者様から「痛くない」と言われたときです。

むし歯が上手に削れたり、詰め物・被せ物がフィットしたりすることは患者様にはわかりません。
「痛くない」ことは、患者様に実感してもらえることなので、歯科医師としての自分の技術が評価されたと思うことができるのです。

「あのクリニックで良かった」と思われたい

患者様がお亡くなりになられるときに「あの先生のところに行って良かったなあ」と思われることが、歯科医師としての究極の目標です。
スタッフにも、「このクリニックで働いて良かった」と後々に振り返ってもらえるようなクリニックでありたいと考えています。大げさだと思われるかもしれません。しかし、私はそう思っています。

プロフィール

  • 広島県生まれ
  • 1995年 鶴見大学歯学部 卒
  • 2000年 瀬尾デンタルクリニック 開院
所属学会
  • 日本歯科審美学会
  • 日本口腔インプラント学会

診療時間のご案内

 
10:30~13:30 ※1
15:00~21:00 ※2

休診日:日曜日、祝日
※1=9:30~13:30 ※2=14:00~18:00

アクセス

アクセス

JR根岸線・横浜市営地下鉄「関内駅」より徒歩2分

住所

〒231-0015
横浜市中区尾上町5-76明治屋ビル2F

TEL

045-640-6480

院内紹介

BLOG インプラント専門サイト するがデンタルローン