親知らずの治療

親知らずは、抜かなくて良い場合もあります

親知らずを放置することで他の歯に悪い影響を及ぼす場合は、抜歯を行います。現在は親知らずの抜歯について他院を紹介するクリニックもありますが、当院では難しい症例を除き、できる限り院長自らが抜歯を行うようにしています。

紹介することで患者様の治療へのモチベーションが下がり、ときには他院を受診せずに放置し、口の状態を悪化させてしまうことがあるからです。

その一方、親知らずはすべて抜かないといけないわけではありません。親知らずが真っ直ぐに生えていて隣の歯に影響を与える心配がなく、歯磨きが十分にできていてむし歯になる恐れが少ない場合には様子を見ます。それら以外の場合は基本的に抜くことをお勧めしています。

費用の目安について

1本 ¥3,000

難しい症例について

当院では大半のケースで抜歯を行うことができますが、以下のように難しい場合は、安全に治療が行える医療機関をご紹介しています。

  • 親知らずが歯肉に埋まっている
  • 歯の根が曲がっている
  • 親知らずが神経と近い位置にある
  • 口が十分に開かない
BLOG インプラント専門サイト するがデンタルローン