BLOG

2010.02.17更新


今回は、上顎前歯4本を抜いてその場でインプラントを埋入したケースです。


抜歯した直後



3本のインプラントを埋入した状態


 

吸収性の人工骨

HAインプラントは本当に適応できる範囲が広がりました。
今回のケースは、前歯4本の根の先に膿が溜まり腫れてしまい保存できない状態でした。
今回、インプラントを選択した一番は抜いた歯の両隣の歯が治療したことのないきれいな歯だったので削りたくなかったのです。
治療の選択肢として、ブリッジもありましたが、患者さんとの話し合いの結果、新たに歯を削らない事にしました。
歯は削れば必ず寿命は短くなります。
他の歯の事を考えるとインプラントを選択できて正解だったと思います。
今後はインプラントのいろいろな症例を皆さんに見て頂き、参考にして頂けたらと思います。

投稿者: 瀬尾デンタルクリニック

BLOG インプラント専門サイト するがデンタルローン